会費規程

会費規程 (令和2年3月31日まで施行)

平成26年3月25日制定

平成29年6月22日改正

(目的)

第1条 この規程は、TVホワイトスペース等利用システム運用調整協議会(以下「協議会」という。)規約第13条第1項の規定に基づき、会費に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(会費の種類)

第2条 一般会員の会費は、登録費及び運用調整費とする。

2 賛助会員の会費は、賛助会費とする。

(登録費)

第3条 一般会員は、別表に定める額の登録費を納入する。

2 一般会員は、協議会から入会承認の通知を受けた日から協議会の指定する期日までに、登録費の全額を納入する。

(運用調整費)

第4条 一般会員は、運用調整の対象となる無線局の免許ごとに別表に定める額の運用調整費を納入する。

2 一般会員は、毎事業年度、協議会の指定する期日までに、運用調整費の全額を納入する。

(賛助会費)

第5条 賛助会員は、別表に定める賛助会費を納入する。

2 賛助会員は、毎事業年度、協議会の指定する期日までに、賛助会費の全額を納入する。

(団体加入免許人の登録費及び運用調整費)

第6条  (一社)特定ラジオマイク運用調整機構を通して運用調整を行う特定ラジオマイクに関わる登録費及び運用調整費は、(一社)特定ラジオマイク運用調整機構が納入する。

(中途入会の登録費、運用調整費、賛助会費及び納期)

第7条 事業年度の中途に入会した一般会員の登録費は、第3条の額と同額とする。

2 事業年度の中途に入会した一般会員の運用調整費は、第4条の額の月割額とする。

3 事業年度の中途に入会した賛助会員の賛助会費は、第5条の額と同額とする。

4 第1項から第3項の登録費、運用調整費及び賛助会費は、協議会から入会承認の通知を受けた日から協議会が指定する期日までに納入する。

(登録費、運用調整費及び賛助会費の返還)

第8条 既に納入した登録費、運用調整費及び賛助会費は返還しない。

(改廃)

第9条 この規程の改廃は、総会の決議をもって行う。

附 則

1 この規程は、平成26年3月25日から施行する。

2 この規程に定める登録費、運用調整費及び賛助会費の納入は平成26年度から開始する。

3 運用調整費について、当面、毎事業年度、総会で決定することとする。

4 今後利用される新たなシステムの登録費及び運用調整費は、新たなシステムの使用形態を検討し決定する。

附 則

この規程は、平成29年6月22日から施行する。

別表

1 登録費

(1) 免許人登録費

特定ラジオマイクの免許人                           13,000 円

エリア放送の免許人                                     13,000 円

FPUの免許人                                           13,000 円

上記に該当しない一時的に開設する無線局の免許人

13,000 円

実験試験局の免許人                                     13,000 円

(2) 免許登録費(1免許当たり)

特定ラジオマイク                                        1,000 円

エリア放送                                                 1,000 円

FPU                                                        1,000 円

上記に該当しない一時的に開設する無線局

1,000 円

実験試験局                                                  1,000 円

2 運用調整費(1免許当たり)

特定ラジオマイク                                           1,200 円

エリア放送                                                    4,800 円

FPU                                                           4,800 円

上記に該当しない一時的に開設する無線局

(空中線電力130mW以下)                4,800 円

(空中線電力130mW超)            9,600 円

実験試験局

(空中線電力130mW以下)                4,800 円

(空中線電力130mW超)            9,600 円

3 賛助会費  1口 10,000 円(1口以上で会員が選定した口数)

  

会費規程  (令和2年4月1日から施行)

平成26年3月25日制定

平成29年6月22日改正

令和元年6月25日改正

(目的)

第1条 この規程は、TVホワイトスペース等利用システム運用調整協議会(以下「協議会」という。)規約第13条第1項の規定に基づき、会費に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(会費の種類)

第2条 一般会員の会費は、登録費及び運用調整費とする。

2 賛助会員の会費は、賛助会費とする。

(登録費)

第3条 一般会員は、別表に定める額の登録費を納入する。

2 一般会員は、協議会から入会承認の通知を受けた日から協議会の指定する期日までに、登録費の全額を納入する。

(運用調整費)

第4条 一般会員は、運用調整の対象となる無線局の免許ごとに別表に定める額の運用調整費を納入する。

2 一般会員は、毎事業年度、協議会の指定する期日までに、運用調整費の全額を納入する。

(賛助会費)

第5条 賛助会員は、別表に定める賛助会費を納入する。

2 賛助会員は、毎事業年度、協議会の指定する期日までに、賛助会費の全額を納入する。

(団体加入免許人の登録費及び運用調整費)

第6条  (一社)特定ラジオマイク運用調整機構を通して運用調整を行う特定ラジオマイクに関わる登録費及び運用調整費は、(一社)特定ラジオマイク運用調整機構が納入する。

(中途入会の登録費、運用調整費、賛助会費及び納期)

第7条 事業年度の中途に入会した一般会員の登録費は、第3条の額と同額とする。

2 事業年度の中途に入会した一般会員の運用調整費は、第4条の額の月割額とする。

3 事業年度の中途に入会した賛助会員の賛助会費は、第5条の額と同額とする。

4 第1項から第3項の登録費、運用調整費及び賛助会費は、協議会から入会承認の通知を受けた日から協議会が指定する期日までに納入する。

(登録費、運用調整費及び賛助会費の返還)

第8条 既に納入した登録費、運用調整費及び賛助会費は返還しない。

(改廃)

第9条 この規程の改廃は、総会の決議をもって行う。

附 則

1 この規程は、平成26年3月25日から施行する。

2 この規程に定める登録費、運用調整費及び賛助会費の納入は平成26年度から開始する。

3 運用調整費について、当面、毎事業年度、総会で決定することとする。

4 今後利用される新たなシステムの登録費及び運用調整費は、新たなシステムの使用形態を検討し決定する。

附 則

この規程は、平成29年6月22日から施行する。

附 則 (令和元年6月25日)

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

別表

1 登録費

(1) 新規の設置場所又は常置場所(1か所)

特定ラジオマイクの免許人                           10,000

エリア放送の免許人                                     10,000

FPUの免許人                                            10,000

上記に該当しない一時的に開設する無線局の免許人

10,000

実験試験局の免許人                                  10,000

(2) 設置場所又は常置場所の追加又は変更(1か所当たり)

特定ラジオマイクの免許人                           10,000

エリア放送の免許人                                      1,000

FPUの免許人                                            10,000

上記に該当しない一時的に開設する無線局の免許人

10,000

実験試験局の免許人                                     1,000

2 運用調整費(1免許当たり)

特定ラジオマイク                                             1,200 円

エリア放送                                                      2,400

FPU                                                              9,600

上記に該当しない一時的に開設する無線局

(空中線電力130mW以下)                      4,800 円

(空中線電力130mW超)                   9,600 円

実験試験局

(空中線電力130mW以下)                        4,800 円

(空中線電力130mW超)                     9,600 円

3 賛助会費  1口 10,000 円(1口以上で会員が選定した口数)